東京・川崎・横浜で家を建てる・施工事例集


コロナウイルス感染拡大に伴う非常事態宣言解除後、生活の仕方、働き方等様々なスタイル、価値観が変わると言われてます。工務店の仕事も営業の仕方が大きく変わる切っ掛けになりそうです。ZOOMを利用したお客様との打合せや、メーカーを中心とした業者との打合せも対面での機会が減りそうです。しかしながら変わらない、変われないのは家づくりの現場です。やはり人が手作業を行い、作業をする事だけは人が居ないと出来ないのです。大切なのはこうした現場で働く職人を守る事。現場にアルコール消毒を用意して衛生面を整えたり、体温計を用意して日々健康管理を行う事もしていきたいと思います。

今回は施工事例を紹介します。

大田区大森西での建替え工事では玄関に防火引戸を採用。引戸は開き戸と違い、家に入る際に体を一歩引かずに家に入れる為、荷物を持っていたり、雨の日等に引戸の良さを感じます。最近は防火性能と断熱性能も兼ね備え、気密性が有る引戸になっています。

敷地形状に沿って建物を斜めに作る事も有りますが、部屋が斜めですと家具のレイアウトが難しく、暮らしにくくなりがちですので、こうしてバルコニーを斜めにする事の方がお薦めです。

小窓は縦辷り窓を互い違いに開く様にする事で、前を流れる風を室内に取り込みやすくなります。この設置方法をウインドキャッチと言い、サッシメーカーも推奨しています。

狭小地域で隣地の建物が迫っていると、正面から風は入りませんので、通り抜ける風を室内に取り入れるのです。

キッチン背面は壁面収納として有効利用。この様にポリカーボネート製の引き違い戸をレイアウトする事も有ります。その際、冷蔵庫も中に入れる場合は、冷蔵庫の設置サイズと位置を明確にして、引き違い戸が完全に開く場所に冷蔵庫を置く様にします。

対面キッチンも吊り戸を無くす事でリビングとの繋がりが生まれます。視線だけでなく、リビングのエアコンの効率も良くなり、吊り戸が無い事でキッチンにも滞りなくエアコンの空気が循環します。

今のご予算に合わせて建築を行いますが、貯蓄をして先回しにする計画も事前に伺います。この様に、将来のバルコニー増設を考えて扉を付けておく事も有ります。建蔽率・容積率がオーバーしない計画の中でバルコニーは将来増設出来ます。

今や当たり前にリビングワークスペース。お子様の勉強はリビングが一番効率が良く個室にこもらずに家族と一緒に勉強が出来ます。今は在宅ワークの場として利用が増えるでしょう。

バルコニーも奥行を変える事で使い勝手が良くなります。干し物が場所によって干しやすくなったり、バルコニーがお子様の遊び場や読書の場、今は少ないですが喫煙場になる事も。

店舗併用住宅も手掛けます。玄関右の掃き出し窓は土間仕上げ用の窓。防火サッシの設定が無いのでシャッターボックスを後付けで設置する事で防火を叶えました。

賃貸併用住宅も提案します。立地やニーズをお調べして、収支計画も行いながらご提案

防火地域でなければ木製玄関ドアも可能です。チーク材のドアと外壁の左官材は家に趣を与えてくれます。

木目のサイディングをアクセントに外壁を張り分けた事で、家に立体感が得られました。

引き違い窓も幅2550mmを採用(左の窓)する事で、広がりが感じられます。

採光と通風を得るトップライト(天窓)は北側設置がセオリーです。

洋風な空間に横繁障子でアクセント。小上がりにした奥に和室があり、暮らしに幅が広がります。

キッチン脇に食品庫と洗濯機置き場を並列

家事動線が楽になり、収納力もアップ。

L型キッチンもキッチン内の動線が一番スムーズで人気です。

3階建ての家は北側斜線や道路斜線の影響を考慮して設計。最大限家の内部が利用出来る様、設計しております。

自然素材を使う事もお薦めです。掃除の手間は増えますが、心地よい空気を生む左官仕上げの壁(高千穂シラス)と、足元にやさしい無垢の床材(楢材)

キッチンは少し壁で隠すくらいでも良いです。気配や繋がりと独立性のバランスを考えて。

造作可動棚は使い方を変えられるので人気です。シナランバー仕上げの棚に

ハンガーパイプも設置しました。

床を貼る方向も空間の広がりに影響を与えます。一般には部屋の長辺方向に向きを揃えて貼りますが(長手方向)、短辺方向(短手方向)に貼る事で空間の印象を変える事もお薦めします。

天井にコーブ照明(天井を照らす照明)を設けて天井を高く感じる様に設計する事も。掃除は大変ですが、コーニス照明(壁を照らす照明)に比べると部屋全体が柔らかい印象に。

白い壁に白い建具、ブラケット照明(壁付け照明)の光が優しいミニマムな印象です。

寝室の一部に読書スペースを設けました。手元灯はインテリアショップで購入したもの。

室内壁になる部分に格子戸を設け、この後ワーロン紙を挟み仕上げました。けんどん式の建具ですので、持ち上げれば外すことも出来ます。

東京都内・川崎・横浜で建替えをお考えでしたら、建替え専門の弊社へお気軽にご相談下さいませ!

ご家族其々、希望される家や間取りが違いますので、ご予算に合わせたプラン提案と、最大限利用出来る助成金、最大限無駄の無い住宅ローンのご案内を併せて、丁寧にアドバイスをさせて頂きます!!

弊社の家は、

遮熱断熱仕様の家ですので、お住まいになってから年間約5万円の光熱費削減が可能。

全棟構造計算での耐震等級3仕様の家を標準とし、地震保険が断然にお安くなります。

大地震保険付きの制震工法を加え、耐震と制震の頑丈な家づくりを行っております。

狭小敷地10坪でも、借地権でも、2世帯住宅でも、賃貸併用住宅でも全て安心で安全な家づくりをご提案しております。

①先ずは弊社HPより資料請求をお申込み下さい

https://www.b-tech-o.com/ffex/index.php?form=request

②断然役立つ家づくりスターターパックを無料でお送り差し上げます。

③同封のイベント(見学会や弊社事務所での無料相談会)をメールやフリーダイヤルでお申し込み頂き、見学会や相談会でお会いして、是非弊社の家を体感ください。

④全て無料にてご提案プランや敷地調査を行わせて頂きます。

営業・設計林

         

  

☆5月の住宅ローン金利変動(コロナウイルスによるFLAT35と変動金利の動き)

コロナウイルスの問題住宅ローンの金利がどの様に変動するか注目の5月

固定金利・変動金利は据え置きとした金融機関や上げ下げ別れた様です。

【固定金利】の代表格フラット35は先月4月の金利から据え置きの1.3%になりました。

一定の性能を満たす事で1.3%からマイナス0.25%が5年間又は10年間適用されますのでその間は1.05%の金利となります。

弊社の家で当て嵌めますと、

耐震等級3を取得すると10年間1.05%で。

耐震等級2を取得すると5年間1.05%での金利が適用されます。

この等級取得の違いは、間取りや建築条件によって耐震等級3が取得できる家と2が取得できる家が分かれます。

因みにフラット35の金利は取り扱う金融機関によって違いますので、最頻金利が1.3%となります。一番低いフラット35Sの金利設定をしているのは住信SBIネット銀行の0.96%(0.90%)住宅ローン専門機関のARUHIは1.05%(0.9%)楽天銀行も1.05%です。

(カッコ内は自己資金2割準備した場合の金利)

【変動金利】は上げ下げ金融機関により様々。最低金利はauじぶん銀行の0.41%住信SBIネット銀行の0.428%新生銀行の0.45%4月と同様、金利据え置きとなっております

注意!!住宅ローンは借り入れる金融機関によって、また住宅ローンの商品(固定金利・変動金利・固定金利期間選択型など)によって事務手数料が定率型(借入額の2.2%等)と定額型(借入額に関係なく5万5千円)とで違ったり、勿論団体信用生命保険の保険内容によって金利が上乗せされます。又ネット銀行を中心に保証料が0円という所まありますが(このためローン審査が厳しいと言われています)数十万円掛かる金融機関もまだ有りますので、トータルの支払額・毎月の返済額・サービス内容を比較して金融機関とローンの商品を慎重に選びましょう。

雨天に車で出かける方もエアコンは内気循環モードで無く外気モードに切り替えを。

エレベータはなるべく使わず、使うときは密集しない人数で

 



二世帯住宅を建てたい!【5】


完全分離タイプの二世帯住宅のススメ


目次

完全分離タイプの二世帯とは?
完全分離にするメリット
完全分離のデメリット
思わぬトラブルにならないために
失敗しないためには?

 



完全分離タイプの二世帯とは?

完全分離タイプの二世帯住宅には3パターンにわけられます。


建物が2つある別棟


建物自体を2棟建てるパターン。完全に別々の家になるので、ご近所さんのような感覚。プライベートは完全に守られます。各世帯で好きな家を建てることができます。ただ、別々に建てるので土地に広さが必要。また、金額もよりかかります。今後、親世帯や子世帯がいなくなったら貸し出すことも可能。

また、コミュニケーションの場として中庭を挟むタイプも人気です。共有設備がない分、中庭で顔を合わせたり、見かけたりすることでコミュニケーションをとることができます。


nisetai5_door.jpg
2棟が隣り合わせで内部でつながっている


長屋のように2棟が隣り合わせになっていて、中のドアでつながっているパターン。ドアでつながっているとはいえ、外からは別々のドアから入るのでプライベートは守られます。イメージとしては、マンションのお隣さんといえるでしょうか。中でつながっているので、気軽に行き来をすることが可能です。


nisetai5_bunri.jpg2階建てで1階に親世代、2階に子世代


1棟の建物の中で、住む階を分けるパターン。今後の健康面や介護などを考えると、だいたいが親世代は下の階になることが多いです。余裕があればエレベーターをつけるということも。


また、2階建てだけれども、縦に2つに分断された二戸一住宅というのもあります。イメージとしては、メゾネットのようなスタイルです。見た目は1棟の家で、中は完全分離されていて、それぞれが1階と2階を所有する形です。もちろん玄関も別々です。このスタイルにすると、2階の物音が気になるなど生活音の問題もおこりません。

 



完全分離にするメリット

完全分離のメリットはたくさんあります。


一番はやはりそれぞれのプライバシーが確保できること。同じところに住むとはいえ、プライバシーは確保したいのが実情です。友人や一緒に住んでいない方の親も呼びたいし、子供の友達も呼びたいし...そんなときにリビングは共有でとなると気まずいものです。またキッチンの使い方、掃除の仕方など二世帯で住むことでおこる人間関係などの問題も完全分離ならばおこりにくくなります。


nisetai5_shinshitsu.jpg住んでみて後悔するのが生活音。生活時間がずれていると、寝ようとしているときにお風呂に入る音や調理の音、静かに過ごしたいときに話し声、子供の騒ぐ声などが気になってしまうなどはよくある問題です。別棟に家を建てるタイプにするとそんな音も気になりません。もしくは、縦割りにする二戸一住宅がいいでしょう。

ガスや電気メーターを別々に設けることになるので、光熱費の支払いを別々にすることができます。基本料金は重複しますが、支払いを別々にすることができたり、どちらが負担するのかなどの問題もなくなります。支払う側に気兼ねなく使用することができます。


将来的に賃貸として活用することができます。親世帯や子世帯の住居で空きが出た場合、完全分離になっていると貸し出すことも可能です。この場合、2棟別々に建っている方が、よりプライバシーを保つことができるのでおすすめです。階下で分ける二世帯では、他人が住むにはプライバシーなどで問題が起こるので注意。


二世帯では、子育て中だと面倒をみてもらいやすいし、祖父母のいる大家族として子供と生活することができます。

 



完全分離のデメリット

デメリットしては、別棟にしたり、内部ドアでつながっていても建物としては2棟建てるような形となり、キッチン、お風呂場、玄関、リビングと別々に作るので建築費用が通常の住宅を建てるのに比べて1.5~1.8倍の費用がかかります。また、土地代も2棟分になるので、広さを必要とします。ただし、土地代の高い都内などでは、狭い土地になるので土地代は抑えられても、その分、スペースを確保するために2階、3階建てにするので建築費用は増えていきます。


また完全に分離されているために、すぐに会える距離と思って逆に会わなくなってしまうということも......。内部でつながるドアを作ったり、間に中庭を作ったりとあえて会う場を作るという方法もあります。せっかく二世帯で住んでいるので、コミュニケーションはとっていきたいものです。

 



思わぬトラブルにならないために

二世帯を建ててから、困った......、こうなるはずでは......と思っても、家という大きな買い物ではそんな簡単に建て直すことはできません。そうならないためには、間取り決めのときに気をつけましょう。


2階建てで、階ごとに世帯が住む場合は、とにかく生活音がポイントとなります。寝室とリビングやお風呂の位置などを重ねないようにします。子供の走りまわる音、テレビの音量、お風呂やトイレなどの水音などは案外気になります。


またすぐにではないですが、ゆくゆくは介護や健康面などでリクライニングベッドや車いすなどが必要になることもあります。いざ介護ベッドを入れようとしたら、廊下を通らなかった、部屋の前でつまってしまった、車いすになったのに、手すりやバリアフリー対策が足りなかったなどがでてくることも。

nisetai5_elevator.jpgもし3階建てを検討していたら、エレベーターの設置も考えてみましょう。親世代が高齢になり、階段で移動ができなくなったときなどにエレベーターがあると便利です。


2棟完全に別々にしたために、お互いの交流の場がなくなっていないかも気にしてみましょう。先ほどもでてきた中庭を挟んだ間取りにしたり、あえて行き来できる内部のドアを作ったりしてみるのはいかがでしょうか。何かあったらすぐに駆け付けることができるのが、二世帯のいいところです。普段からコミュニケーションをとれるようにしておきたいものです。


しかし、将来的に一部を賃貸として考えていたら、中庭については防犯面、プライバシーなどに懸念があるので注意しましょう。


意外なのが、もし売却するとなったときに安い値段になってしまうということ。それぞれの生活に合わせて建てられた二世帯なので、理想に合う人がなかなかいないので売りにくいということ、家を欲しいと思う人の大半は単世帯であるということが、その理由です。

 



失敗しないためには?

建てたあとに失敗しないためには、とことん話し合うことです。一緒に住むのが義両親だった場合、言いにくいこともあるかもしれませんが、これからずっと生活を共にするのであれば、お互いに腹を割っていっておくべきです。


例えば、キッチンはこだわりたい、個室はほしい、他の部屋が狭くなっても長い時間を過ごすリビングは広くしたい、外階段を設置して帰宅時間を気にせずに過ごしたい、電気やガスのメーターは別々にして支払いもそれぞれにしたい、内部で行き来できるようにつながるドアを作りたいなど。小さなことでも要望は伝えておきましょう。ここを我慢してしまうと、あとあと生活しているときにずっと気になってしまう点でもあります。


また情報収集は大切です。工務店やハウスメーカーのサイトなどには、手がけた施工例が出ているところもあります。それらを見つつ、自分の理想に近い施工例があるところに頼むのもよいでしょう。施工したお客さんの声を掲載しているところも信用のできるサイトです。信用のもてる工務店、ハウスメーカーなどの情報を集めて比較検討するようにしましょう。


いくらあっても困らないのが間取り案。とくに二世帯で建てるとなると、それぞれの生活スタイルを考慮しての間取りとなるため、いろいろな例を見ておくことをおすすめします。


工務店や、間取り例をいろいろと見比べたりすることで、家を建てるということの情報を詳しくなってくることでしょう。


そして、いろいろとすすめていくうちに、どうしても無理かも...と思ったときには、やめるという選択肢も考えましょう。家を建ててしまったら、そのあと数十年はいっしょに住むことになります。我慢して暮らすというのは辛いものです...。


二世帯という形ではなく、近所、同じ町内、歩いていける距離に住むという方法もあります。



nisetai5_illust.jpg



banneb.png bannea.jpg


二世帯住宅を建てたい!【4】


狭小の二世帯を建てる


目次

都心では、狭くなってしまう
床面積が狭いほど、完全同居になる
共有して使う場所と動線が大事
サブ、ミニを作る
デッドスペースも無駄なく使う
視覚からも広さを感じさせる

 



都心では、狭くなってしまう

nisetai4_kyosho.jpg通勤の面や憧れのエリアなどで都心に住みたいと思っても、都心の土地代の高さが一番の問題になります。ましてや二世帯を建てようすると、それぞれの世帯で広さを確保したいと思うと、広い土地が必要になりますが、やはり土地代がネックに...。手に入るとしても狭い土地になってしまうことが多いものです。

このような狭い土地に建てる住宅を「狭小住宅」といいます。狭小住宅とは、一般に約10〜15坪(50㎡)以下の土地に建てる住宅のことです。

また、狭小住宅であれば、税金を安く抑えることが可能です。固定資産税と都市計画税が、200㎡以下である小規模住宅用地であれば、税額が安くなります。毎年かかる税金を安く抑えられるのは魅力的です。

そして、狭小住宅でも二世帯を建てることはできます。ただし、注意するポイントがあります。

ポイント① 防音対策をする

人気のエリアだったりすると、小さな家が密集して建っていることが多く、隣家との距離が近いので、防音対策が必要になります。

ポイント② 建築コストに気をつける

建築の際に大型車を隣接することができず、小型車で往復したり、足場をかけるスペースがちゃんと確保できず作業が長引くなどのコスト面でかかることがあります。

ポイント③ 縦に伸ばす

生活に必要な面積を確保するためには、縦に伸ばすしかありません。2階、3階建てになることが多いです。必要に応じては、地下室を作ることも。その際には生活動線や間取りに気をつけましょう。

ポイント④ 収納スペースを作る

ただでさえ狭いので、収納家具などを置くことは難しくなります。そこで、いかに収納スペースを作るかがポイントになります。また同様にデッドスペースを作らないような工夫も必要です。

ポイント⑤ 広さを視覚で感じさせる

狭いものは狭い土地。でも工夫次第では、広さを視覚的にですが出すことは可能です。吹き抜けを作ったり、窓を大きくして採光を取り入れたりしてみましょう。

これらのポイントに気をつけながら二世帯を建ててみましょう。

 



床面積が狭いほど、完全同居になる

床面積が広ければ、寝室だけでなくキッチン、お風呂、玄関などすべてを分離できる完全分離が可能になります。

しかし、狭小住宅では、住むための床面積が狭くなります。例えば15坪の土地では、およそ10坪の家を建てることができます。床面積が狭いほど、二世帯の場合は、共有する場所が多くなり、寝室だけ別々というような完全同居になります。または、玄関、キッチン、お風呂などの一部を共有する一部同居になります。狭い分、2階、3階と縦へ伸ばすという方法をとることが多く、必要であれば、地下を作ることも。1階を移動がしやすい親世代、3階を子世代でそれぞれの寝室などのプライベート空間にして、2階を水回りやリビングなどの共有部分とする間取りが人気です。このタイプにすると、たとえ完全同居の場合でもそれぞれの空間を別の階で保つことができるので、一部同居のようなスタイルになります。

nisetai4_kosodate.jpg

共有部分が多くなる二世帯住宅では、食事を大家族で囲んだり、子育てを手伝ってもらったり、二世帯で一緒に過ごす時間が自然と長くなります。

ただ、共有部分が多くなることで親世代、子世代で気を使う場面も多くなります。動線や生活スタイルなどで話し合い、ストレスなく過ごせる間取りにしましょう。

 



共有して使う場所と動線が大事

狭小住宅の場合、狭さを効率的に使うには共有する場所、行動の動線が大事になってきます。

先ほどもお伝えしましたが、狭い土地では縦に伸ばすしかありません。1階に親世代、3階に子世代のそれぞれ寝室などのプライベート空間にし、2階に共有する水回りやリビングにするという分け方です。設備をすべて共有タイプだとしても、階が違っていれば各世代のプライベートは確保できます。

間取りを考えるときに、親世帯で使う場所、子世帯で使う場所、共有で使う場所を考え、そこに就寝、食事、外出、洗面、入浴などの生活動線を考えてみましょう。

例えば、親世代に便利だからと共有のトイレやお風呂を親世代のところに作ると、子世代が使うときには親世代の場所を必ず通過しないといけなくなります。これではプライベート空間を分けたとしても1日に何度も顔を合わせないといけなくなってしまいます。そこで、水回りは、共有で使う場所である2階に配置することがおすすめです。

また、早寝の親世帯と比較的遅くなりがちな子世帯とでは、玄関を別々にしたいところですが、狭小住宅では難しいものです。玄関は共有にしても、子世帯で使う場所に直接いける外階段を作るということもおすすめです。

このように二世帯でお互いにストレスなく快適に住むためには、相手世帯を通ることなく共有で使う場所へ行き来できることがポイントです。

 



サブ、ミニを作る

各世帯にほしいと思うキッチン、お風呂、玄関。これらは、共有でもいいのですが、各世帯にあるとやはり便利なものです。ただ、狭いスペースに2つを作るのが難しいのが現状。そこでサブ、ミニのサイズで作るのをおすすめします。

例えばミニキッチン。キッチンを共有にすると、「食の好みが違う」、「自分の好きなように作りたい」、「自分たち専用の冷蔵庫がほしい」「使う時間が深夜のときがある」などあとから気になる箇所でもあります。

そこで、単身者向けの集合住宅にある1~2口コンロのミニサイズのキッチンをどちらかの世帯に設置してはいかがでしょうか。小さなサイズの冷蔵庫も一緒に設置することも可能です。ただ、コスト面では実はフルキッチンとあまり大差がないということも...。最近は手ごろな価格のフルキッチンも増えてきているからです。

フルキッチンを親世代のところに設置し、平日は時間のない子世代に代わりそこで親世帯が食事を作り、週末にそれぞれのキッチンで食事を作るという使い方をすることがあるようです。平日に遅くなったとしても、ミニキッチンがあれば、時間帯や音に気兼ねせずに食事を作ることができます。

また、お風呂場。夜遅くに共有のお風呂を使うと音などに気を使いがちです。そんなときに、子世代で使う場所にシャワー室を設置してみてはいかがでしょうか。湯船を2つ設置すると、水道代、ガス代なども倍になってしまうので、シャワー室だと抑えることができます。遅く帰ったときなどには、シャワーが便利です。同じ水回りとしては、洗面所も各世帯にあると便利です。朝の支度のときに2世帯で使うと混雑しがち。ミニサイズの洗面所があると、その混雑も解消されます。

狭いスペースだから玄関を2つ設置は厳しいかもしれません。しかし、深夜に帰宅などで親世帯の使う場所を通らずに直接帰りたいもの。子世代で使う場所に直接出入りできるサブとしての外階段を設けてみてはいかがでしょうか。

このように、2つ設置が難しいものについては、ミニやサブなどの小さなサイズにして設置し、少しでも快適に過ごしましょう。

 



デッドスペースも無駄なく使う

狭小住宅では、その狭い空間をいかに効率よく使うかがポイントとなります。

例えば、階段の下にトイレや洗濯機を配置すると、階段下のデッドスペースを使うことができます。

また、壁の厚みの部分に棚(奥行10~15cm程度)を埋め込むことで、出っ張ることなく収納スペースを作ることができます。さらに階段の段差、ちょっとした段差も引き出しにすれば、立派な収納スペースになります。

一番、収納スペースを要するのは実はキッチン。食材に食器類、調理器具なども収納しなければなりません。そこでキッチンの上下には収納スペースを設け、さらに床下収納も設けてみましょう。もしくは、階段横にキッチンを配置し、階段下をキッチンの作業スペースにしてもいいでしょう。

屋根裏も物を入れるスペースとしては大切です。天井付近の場所は、ロフトとして使ったり、普段使わない大きなものを収納する場所としましょう。ロフトは、天井の高さが低いので、秘密基地的に子供の遊び場としても使えます。

nisetai4_loft.jpg

施工例はこちら

また廊下をなくすという方法もあります。階段からあがった踊り場からすぐに部屋になっているように配置もできます。廊下をなくした分、収納スペースにあてたり、部屋の広さを増やしたりとできます。

意外なのが、玄関を引き戸にするということ。引き戸にすることで空間を有効活用することができます。

nisetai4_genkan.jpg

施工例はこちら

このように狭い土地だからこそ無駄なくスペースを使うような工夫が必要です。

 



視覚からも広さを感じさせる

狭小住宅では、広さや明るさを感じさせる工夫が大事です。広さを感じさせるには、採光が必要。壁で区切り、天井が低いと人は狭く感じるもの。吹き抜けを作ることで、視覚的に広く感じるようになります。

また、窓を大きくしたり、窓の高さを考えたり、天窓を作ったりして採光をより多く取り込めるように工夫してみましょう。透明感のある素材を使うという方法もあります。

さらに階段を踏板と骨組みだけのスケルトン階段にするとより広さと明るさを確保することができます。吹き抜けとスケルトン階段で、日差しを多く取り入れることができます。また、風通しもよくなり開放感を得ることができます。

nisetai4_kaidan1.jpgnisetai4_kaidan2.jpg

施工例はこちら(左の写真) 施工例はこちら(右の写真)

狭小住宅でもポイントや工夫をすることで、二世帯は建てられるものです。狭い土地しかないとあきらめず、相談してみましょう。


banneb.png bannea.jpg


前の記事 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

『しあわせ設計』の家 おすすめコンテンツ

  • あとで後悔しない「いい家」の建て方 はじめにお読みください
  • IEISM ナチュラルな恰好いいおうち
  • オールフル込み住宅
  • 資料請求はこちら
  • 土地持ちのオーナー様必見 あなたの賃貸計画は大丈夫??
  • 障がい者グループホーム経営ドットコム