しあわせブログ BLOG

ビーテック本社ビル

ビーテック本社ビルついに完成!

本社ビルがついに竣工しました。その精錬された工法と、「しあわせ設計の家」の建築に対する基本の考え方、今回は第2弾。

「しあわせ設計の家」の注文住宅は今まで木造で作ってきましたが、今回は8階建てのビル建設にともない、鉄筋コンクリート造(RC造)を採用。ただのRC造ではない特殊工法です。

その工法は、太い柱でどっしりと建てたら頑丈そうだという一般の発想を打ち破るものです。研究データでは「重量」が何よりも地震に弱いのです。研究を重ね、大地震でも壊れない軽さと強度を保つ構造で、コンクリート打ち放しのミニマルなビルを建てました。

建設現場には、なんと大量の発泡スチロールが。発泡スチロール断熱材を使用した外断熱の工法で、室内の温度を安定させました。エアコンの使用率を下げることについては、木造住宅も常に同じ考えで、断熱材や風の通りを計算することで、圧倒的にエアコン稼働率の低いエコ住宅を造っています。

また、配管は外にむき出しになっており、壁に埋め込まれていないことで保守管理の効率も簡素になる上に、上層階からの水の流れなどの騒音を防ぐことができる、機能的な構造です。コンクリート打ち放しで、壁に余計なビニールクロスを張らない、過剰に化学品を使用しない自然で健康な建物です。

1Fには農業と連動したレストラン&カフェ、2Fには障害者の就労移行支援事業所、3Fにはビーテックのオフィス、4・5Fには障害者向けの賃貸住宅であるグループホーム、6・7・8Fは一般住宅となっています。ビーテックの夢がいっぱい詰まったビルです。

2022年1月末、ようやく覆われていたヴェールが剥がされ・・・

実は筆者は色までは知らされておらず、驚きました。多少なりとも気取ったモダンな建築物を想像していたのです。期待を裏切る、田舎のおばあちゃん家にあるような土壁の色。ここまでこだわったか、と心躍りました。なんと優しい、自然の色。

これがビーテックなんです。「しあわせ設計の家」は、シンプルで自然な家を創っています。

ビーテック本社ビル建設中!

本社ビルを建設しています。その精錬された工法と、「しあわせ設計の家」の建築に対する基本の考え方を紹介します。

「しあわせ設計の家」の注文住宅は今まで木造で作ってきましたが、今回は8階建てのビル建設にともない、鉄筋コンクリート造(RC造)を採用。ただのRC造ではない特殊工法です。

今回、設計・監理は、株式会社LAN 本多 豊 氏、構造設計に、池田 昌弘 氏、施工は、株式会社藪崎工務店。ビーテックとのコラボレーションです。従来の建築用ソフトでは計算できない、独自の計算に基づき、究極の安全性とミニマリズムを実現します。

安全な建築物とは、どのようなものを想像しますか?多くの人が想像するのは、極太の柱、分厚い壁、深く掘った基礎。本多氏・池田氏が提案する安全性は、それと対局を行くもの。深く納得させられます。すべての建築はこうあるべき、と。

「重力」。実際の大震災で甚大な被害が出ているのは、重い建築であり、建築は重力に最も弱い。それに、地中深く掘削して基礎工事をするには大きな費用がかかり実現が難しく、資源も費やすことに。シンプルで自然あることは、経済にも環境にも優しい。巡っては、人の健康にも優しい。それが、「しあわせ設計の家」の建築に対する考え方そのものでもあります。

細かな鉄筋の格子にコンクリートをまとった構造、これがRC造ですが、そのRCを柱状に組む、高層ビル等に使われる工法と、RCを6面組んでいく、地震には強いが低層向けの壁式構造とがRCにはあります。その両方の利点を取り入れた独自の工法を今回は採用。狭小住宅を作るような工法で、ビルを建てているのです。これが最も地震に強く、空間を最大限に広く活用できて、コストダウンも。

壁の中に柱が入っていて、空間の中に出っ張りのない新しい構造。空間が広いだけでなく、コンクリートの量が減って軽量化するため、大きな基礎を埋め込む必要がなく、耐力壁をバランス良く配置することで強度を確保し、高層建築が可能になります。軽くて頑丈で何も加えないことが、強くて優しい、本来の建築のあり方なのです。

まだまだこれだけではありません。さらに株式会社ビーテックの本社ビル建設の詳細と、新規事業について、続きは次回。