住宅ローン金利を考える


みなさん、こんにちは。 『しあわせ設計』 の家  の樋口です。

今日は、住宅金利についてお話させて頂きます。

現在、市場は今までにないマイナス金利となり

家を建てられる方には、かつて無い好条件となりました。

昔から考えるとあり得ない状況となっています。

では、金利が1%違うと、どれ位の返済額の差になると

思われますでしょうか?

ちなみに、30年返済で3,000万円位を借入した場合、総返済額の差は

おおよそ500万円もの差が生じるのです。 スゴイ金額です。

この事に気付かれている方は

動きを早められております。

スゴイ差になりますからね。

では、金利上昇はどうなるのか?

基本的には、マイナス金利施策は、何時までも続くものとは

思われません。そうした施策が解除されると金利上昇が

起きてくると予想されています。

トランプ氏が大統領選にて勝利しました。

対外関係上、金利引き締めなども行われる可能性もあります。

様々なことが考えられますが、

今、進めておくことで 『得』になることは間違い無さそうです。

ちなみに、今、住宅営業マンが自身の家の購入や

建替えに動いている様です。 いつも金利計算をしているからですね。

こうした時期のチャンスを一番理解していますからね。



今週末は、狭小住宅見学会です。


朝は、雨が降るかな??

と思って空をみていましたが、昼間は晴れて

どうにか天気、持ちましたね。

暑くもなく、寒くもなく
過しやすい日でした。

みなさん、こんにちは。 『しあわせ設計』 の家  の樋口です。

明日と明後日は、完成見学会を開催します。
天気は、どうにかもちそうですね?!

詳細は、こちらを ご覧ください。

今回は、見学会のポイントのひとつをお伝えします。

完成見学会では、その家の特徴や設計ポイントなどが理解出来ます。

見学会は、これからお住まいになる家をお借りして行いますので

現実的な家です。

住宅展示場は、魅せる為の要素も

盛り込んでいますので、実際の家と若干の違いがあります。

特に狭小設計などの場合は、

工夫が必要です。

中々、展示場の様に比較的広めの設計が難しい所です。

狭小の施工にも慣れが必要です。

設計と施工と・・・ある意味、専門性を要する訳ですね。


どういう点を気にかけ設計しているのか?
専門性の高い施工であると仕上がりも良くなります。

中々、気付きにくい所ですが
大切な所です。

そうした点を踏まえ、

見学されると、色々と感じると思います。

宜しければ、ご家族みなさんでお越しくださいね。

スタッフ一同、おもてなしさせて頂きます。



今週末は、完成見学会です。


昨日、今日と、天気が良いですね。
少し曇ってきましたが・・・・




今週末は、完成見学会です。

天気が良いと良いのですが・・・この時期は、運動会シーズンでも

ありますね。 地域行事が重なると来場されるお客様に変化が生じます。

今回の見学会会場は、住宅密集地に建つ家です。

弊社では、多くの狭小住宅を建てさせて頂いている為、

狭小設計を得意としています。 専門性が求められますね。

それ程、広くない空間が、広く感じたり・・・

収納が充実していたり・・・

家って、設計次第で大きく変わります。

住み心地、使い勝手など・・・・ 狭小設計は、ある意味、特殊な設計とも言えます。

また、デザインなども大切な要素ですが、

やはり機能性などは更に大切です。

暮らす家によって、寿命は左右されると言います。

光熱費などの負担も大きく変わってきます。

ぜひ、そうした点を見学会では感じてみてくださいね。

宜しければ、ご家族みなさんでお越しくださいね。



前の記事 6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16