Q6 家を作るに当たって間取りはどう考えればよいでしょうか。地震に強い間取りというものはありますか。


(本文より抜粋)
~36ページですでにお伝えしたように、壁のバランスが悪い家は、家の重さの中心(重心)と、強さの中心(剛心)のバランスが悪くなります。これによって地震の揺れの影響を大きく受けることになるのです。
 地震が起きたとき、住宅の壁はその揺れを吸収する役割を果たします。そのため、地震に強い家を作る上では、まず壁が多いことが条件のひとつとなります。壁が多いとは、窓などの開口部が多すぎないということです。
 また、上下階の壁を整えることも重要です。1階に駐車場などがあると、壁のある部分が偏ることになります。これがバランスが悪いということです。
基本的には、極端な凹凸がなく、素直な四角形の家が強いと言えます。~

この他、コンクリートの凍結や基礎工事の養生期間などについて記されています。




  • ビーテック しあわせ設計の家 大田区 新築
  • 新築 ビーテック しあわせ設計の家 大田区
  • 新築 ビーテック しあわせ設計の家 大田区

『しあわせ設計』の家 おすすめコンテンツ

  • あとで後悔しない「いい家」の建て方 はじめにお読みください
  • 二世帯住宅
  • オールフル込み住宅
  • 資料請求はこちら
  • 土地持ちのオーナー様必見 あなたの賃貸計画は大丈夫??
  • 障がい者グループホーム経営ドットコム