住宅完成写真 WORKS

白と黒のツイン二世帯住宅


大田区の二世帯住宅が完成しました。手前と奥に2戸の完全分離2階建て住宅です。手前が晴れやかな白の住宅、奥はスタイリッシュな黒の住宅で、心地良い奥行き感があります。バルコニーの軒下は木目になっています。日当たりの良い住宅であることを生かし、外壁には光触媒効果のある、(株)ケイミューの光セラシリーズを採用。将来にわたり、維持管理費の軽減が期待できます。耐震等級の取得と、準耐火建築の性能を完備した家です。

特記すべきは、絶妙な「無駄のなさ」。誰でも整理整頓が上手になる家だと思います。
1.空間の「無駄のなさ」
2.生活導線の「無駄のなさ」

この家には、屋根裏や階段裏の空洞がほとんどありません。それだけなら普通なのですが、こういった空間をむしろ家の中心として、無くてはならないものとして間取りが考えられているところがポイントです。

屋根裏スペースには、光と風が通り抜けるロフトがあることで、室内が明るく、熱がこもらない、省エネ設計となっています。夜には、高い位置にある照明がほのかに室内を照らす、心安らぐロマンチックな空間です。

居室に入ると、すぐそこにワードローブ。入り口付近に、いきなり服を掛ける大きな収納があるのです。この部屋からは、住む人が服を脱ぎ散らかす姿が想像できません。収納スペースは、屋根が間近のため、天井が斜めです。隅々まで無駄なく収納になっています。

キッチン脇の扉を開けると、そこはなんと、洗濯機スペース。これには驚きました。最強の家事導線だと思います。日々キッチンと脱衣所を往復して走る必要がなくなります。それに、ここにウォークインの収納があると、急な来客でも、ぱっと扉を閉めるだけ。いつでも綺麗なキッチンです。

どんなカッコいいデザイナーズ住宅でも、住み始めたらゴチャゴチャ、がほとんど。この家は、誰でも片付け上手になる、暮らしそのものがデザインされた家だと思います。

この家の「収納力」と「動線」をご紹介します。

みなさん、ご自宅の玄関に、靴という靴すべてが収まっていますか?家のあちこちの収納に靴が入っていたりしませんか?一箇所に収まらない。これが、片付けが上手に出来ない一つの理由です。

子供の靴には、これだけあります。通学の靴、スポーツの靴、次のサイズの靴、長靴、小さくなった長靴(お下がり用)、夏のサンダル、次のサイズの上履きの買い置き。「靴」のジャンルは全部玄関に収納しましょう。

玄関を入ると、なんと正面がお風呂。半透明の浴室扉が綺麗な玄関スペースです。入口から右手に、シューズボックス、トイレ、洗面所、お風呂、と続きます。
そして左手は、リビングへの入口。どこにも触れずに手洗いを済ませ、それからリビングへ、という動線。

リビングの一番手前に、2階への階段。階段入口には扉があり、冷暖房の効率を上げることが出来ます。

2階の寝室にはウォークインクローゼット。収納も部屋の一部として、採風の窓と扉があります。片付けの時間を快適に過ごせます。

外観からは想像のつかない、広々としたLDKをご覧ください。奥の黒い外壁の家が、爽やかなアイボリー系の内装、手前の白い外壁の家が、シックなダークカラーの内装です。しあわせ設計の家は「デザイナーズ住宅」をうたっていませんが、削ぎ落とされたデザインの、ミニマルを極めた注文住宅です。

いつか「しあわせ設計の家」に住む。そのために、一生懸命働きます。本気で、これが私の目標です。

by 撮影担当