• HOME
  • リフォーム&戸建て どんな地震でも揺れない家の作り方~はじめに~

リフォーム&戸建て どんな地震でも揺れない家の作り方~はじめに~


 私は現在、東京大田区で住宅会社を経営しています。
 「街の職人さん」代表としてお客様とご近所づき合いをしながら、誰にでも手の届く価格で、できるだけ長く快適に住める家づくりを目指し、皆様にご奉仕しています。
 さらに、自社の業務と並行し、リフォームや住宅事業で起こる多くの悲しい事故を防ぐため、国土交通省関連の住宅リフォーム事業推進のお手伝いや、優良な建築業者を選定するガイドラインづくりにも奔走してきました。

 日本の家づくりに何よりも欠かせないのが、「地震に負けない、安全・安心な家を作る」という考えです。
 たんに建物が壊れないというだけではなく、住居内の安全性も確保し、住む人の安心の安全も視野に入れた家づくりを目指し、私は大地震対策施工の研究をしたり、セミナーを主催して大地震対策住宅の基礎知識を知ってもらったりしています(私の会社が地盤のよくない地域に位置しているため、特にその責任はとても大きいのです)。
 そしてさらに、さまざまな業者や研究者の方々と協力し、「断震住宅」という。どんな地震にも揺れない家"の、技術とシステムを業界で共有する試みも続けてきました。
 そんな中、2011年の3月11日がやってきたのです。
 東日本大震災以降、日本の安全神話は大きく揺らぎました。
 「天災」は空想の産物ではなく、必ずやってくる。そして、自らの安全は、自らの努力で手に入れなければならない。
 あのとても悲しい出来事を経て、みずから被災地に赴き被害の状況を見るにつけ、私はそれを学びました。

 さらに、改めて心の底から思ったことは、
家族みんなで、心安らかに暮らせることの幸せです。
これが、人生で何よりも大切だという、当たり前のことでした。
ただし、家族が心安らかに暮らす家を作るためには、
「建物さえ壊れなければ大丈夫」
という考え方では十分ではありません。
「夜中に揺れが始まったとき」
「部屋の中が倒壊物で埋め尽くされたとき」
こうしたときに感じる怖さ、不安を取り除く必要があります。
 "建物自身も、住む人の心も揺れない家" を作ることが必要なのだと思います。

 これまでも、エネルギー節約という視点からも、家づくりの講演を行っていましたが、震災を経て、改めてエネルギーというものの大切さを感じさせられました。
 エネルギーは無限ではありません。
 できるだけ使わずにすむ知恵を持つこと、地球にできるだけ負担をかけずに暮らすことが、子や孫の代への私たちの義務なのではないでしょうか。
 これも、さきの大震災が私たちにくれた貴重な「気づき」だと思います。
 こうした気づきを無駄にすることなく「安全・安心な家」を次代に伝えていくため、揺れない家づくり"の情報とコツを、一冊の本にまとめました。
 本書にある内容は、私かいままでに実際に経験し、実践してきた家づくりのノウハウです。掲載された情報は、すべて自分自身で動いて、信頼できるエキスパートから入手した情報です。そこには、業界に何のしがらみもありません。
 家づくりを考える皆さんが、できるだけ手ごろな価格で、100年長持ちする、安心、安全な家を手に入れるために、役立つ情報を集めたつもりです。
 皆さんが、将来の新しい家で、家族みんなで幸せに過ごす日々が来ることを願ってやみません。

樋口健二







目次

次へ


  • ビーテック しあわせ設計の家 大田区 新築
  • 新築 ビーテック しあわせ設計の家 大田区
  • 新築 ビーテック しあわせ設計の家 大田区

『しあわせ設計』の家 おすすめコンテンツ

  • あとで後悔しない「いい家」の建て方 はじめにお読みください
  • 二世帯住宅
  • オールフル込み住宅
  • 資料請求はこちら
  • 土地持ちのオーナー様必見 あなたの賃貸計画は大丈夫??
  • 障がい者グループホーム経営ドットコム