• HOME
  • 耐震リフォームの基本を知っておこう

耐震リフォームの基本を知っておこう


このページでは、樋口社長の著書「揺れない家の作りかた」の一部を紹介しています。今回より第4章の「リフォームで地震対策はどこまでできる」の紹介となります。詳しい情報をお求めの方は、是非本をご購入下さい。

(抜粋)
~現在、私は国土交通省関連の住宅リフォーム業務品質認定審査委員として、リフォーム会社が適切な業務を行っているかどうかの審査に携わっています。また、私自身もかつてはリフォームを中心に多く手がけていた時期があります。
 そのため「耐震リフォームを考えているのですが、相談に乗ってください」とお問い合わせをいただくこともあります。
 本章では、リフォームを考えるときに、どのような点に注意したらよいのか。リフォームでどこまで地震対策ができるのか、などについてまとめてみたいと思います。~

今回は最初の段落、「耐震リフォームの基本を知っておこう」の紹介となります。

(抜粋)
~一口に「リフォーム」といっても、その内容はさまざまです。現状の建物に新しい部屋をつけ加えたり、2階を建て増しするなどの「増築」もあれば、火災などで滅失した建築物や施主の都合で除去した建物を、以前の用途、規模、構造とそれほど変わらない建築物に建て直す「改築」と呼ばれるものがあります。
 また、柱や梁などの基本はそのままに、性能や品質を向上させる「改装」や、雨漏りや外壁のひび割れを直したりする「修繕」と呼ばれる工事もリフォームの範囲に含まれます。
 修繕などを除くと、リフォームの目的は大きく2つに分かれます。
 ひとつは、建物の耐久性を高めるためのリフォームです。大地震への備えとしての耐震補強のリフォームもここに含まれます。
 もうひとつは、住まいの快適性を求めるリフォームです。キッチンや浴槽を最新の設備に更新するなどがイメージしやすいかもしれません。~

(抜粋)
~「リビングを広くて開放的なものに変えたい」と考えて、柱や壁を取り去るリフォームはどうでしょうか。ご見た目はすっきりするかもしれませんが柱や壁がなくなったぶん家自体の地震に対する強さが失われることになります。大空間を作るために、既存の柱を抜いて大きな梁などを入れるケースがありますが、それは、建物の重量を持たせる、という考え方で、大地震などの対策として十分ではありません。耐震バランス計算を行い、そのバランスに応じて壁量などを増やさなければなりません。
 リフォームしても安全性は向上しない、あるいはリフォームをしたことによって安全性が損なわれるケースもあるのです。リフォームを考える際には、このことに注意する必要があります。~

(抜粋)
~リフォームを検討する場合は、まず、現在お住まいの家の耐震性を知ることが第一です。そこで行うのが「耐震診断」というものです。
 木造住宅の耐震診断は、①地盤・基礎②壁のバランス③壁の量④老朽度を調査し、現在の建築基準に、どの程度対応できているかどうかをチェックするものです。~

以下大まかなチェックポイントを書き出します。

①地盤・基礎
鉄筋が入っていなかったり、ひび割れを起こしている基礎は、耐震性が低下していると診断されます。

②壁のバランス
四隅に壁がない、壁のない面がある家などは、バランスの悪さによって、耐震性が低いと評価されます。

③壁の量
壁の量は多いほうが地震に強いと言えます。

④老朽度
屋根や外壁などに歪みがないか、柱が傾いていないかなどをチェックします。目視するだけでなく、床下の湿度を調べたり、木材の不朽やシロアリ被害なども確認します。


日本木造住宅耐震補強事業者協同組合の統計(平成12年7月1日~平成16年10月31日)によると、7割近くの木造住宅は耐震性に不安があるとの結果が報告されています。


耐震診断の方法は大きく以下の3つに分かれます。
ひとつめは、家に住む人が独自に行う「簡易診断」です。財団法人日本建築防災協会の
ホームページには、インターネットでできる「誰でもできるわが家の耐震診断」というプログラムが公開されています。
(http://www.kenchiku-bosai.or.jp/seismic/wagayare/taisin_flash.html)。
 設問にしたがってクリックをしていくと、簡単な耐震診断ができるほか、耐震知識も得られます。
2つめは、建築士や工務店に依頼して行う「一般診断法」と呼ばれるものです。建物を壊さずに目視調査により耐震診断を行います。現在、最も一般的な耐震診断法と言えます。
3つめは、「精密診断法」と呼ばれる方法です。これは建物の一部を壊して、住宅の強さを厳密に調査するものです。木造住宅だけでなく、鉄筋コンクリート造の住宅なども診断の対象となっています。一般診断法よりも精度が高いのはたしかですが、建物を壊して調査するわけですから、コストも手間も大きなものとなります。



  • ビーテック しあわせ設計の家 大田区 新築
  • 新築 ビーテック しあわせ設計の家 大田区
  • 新築 ビーテック しあわせ設計の家 大田区