障害者グループホーム建設 GROUPHOME

勉強会・セミナー

賃貸住宅対策土地活用セミナー開催です。

今週末は、土地活用セミナーを開催します。

勿論、障害者グループホームのご案内も合わせて行いますが参加希望の方の多さに驚かされます。

スゴイ申し込みがきているからです。

中々、難しい土地活用。

そうした中、どの様に運用していったら良いのか?  皆さん、悩まれている訳です。

セミナーでは、現在の賃貸市場の状況、ゲストハウスの状況、民泊などを全体的に考察します。

そして、問題点を明らかにし、どうすべきか?を考えていく内容となっております。

私自身も1賃貸オーナーとしてお話させて頂きます。
経験に基づく話ですので、実感して頂けます。  (前回も好評でした。)

賃貸併用住宅や古いアパートの活用に悩まれている方などにも
お役立て頂けると思いますので、ご参加くださいね。

詳しくは、 こちら をご覧ください。



私たちは、大田区を中心に、その周辺区である、品川区、目黒区、
世田谷区、渋谷区、川崎市などにおいて、狭小住宅や2世帯住宅の建て替え
や土地探しからの新築住宅、賃貸対策を主な業務として行っております。

賃貸オーナー様のイベントに出展しました。

弊社では、障害者保護と

して『障害者グループホーム建設』を知って頂く為に、
『オーナーズスタイルイベント』に出店しておりました。
少しでも多くのオーナー様にご協力頂きたいと考えての出展でした。

始めての出展でしたが、天候が非常に悪い中、本当に

多くの方が、来場されていることにビックリしました。

DSC_0465.JPG

私たちのブースは、出展企業で1番人気、3倍以上の

反響率で、こうした事を知って頂きたい、と考えての

出展でしたので、とても嬉しかったです。

DSC_0463.JPG

多くの方に支援して頂き、
やさしさの輪が広がってほしい、と考えております。

完成見学会、障害者グループホームセミナーを開催しました。

3月末に完成見学会を開催しましたが・・・・

多くのお客様がお越しになりました。

自分は、土曜日が、障害者グループホームセミナー

(これも満席でした)でしたので、日曜日のみの参加でしたが

1日中、常にお客様がお越し頂いていた状態でした。


会場は、とてもわかりにくい場所ではありましたが、

ご来場が、途切れることなく、多くのお客様がお越しになりました。

増税の影響と合わせ、マイナス金利の影響を感じます。

しかし、そうした需要が集中する時期は、

バタつき、トラブルが起こりがちになります。

そうした事から、しっかりと準備し、

需要のピーク時には、工事を避けた方が賢明と言えます。

キャッシュでご計画の方は、

契約だけは済ませておき、工事は、ピークが過ぎて

から施工する、などと考えられると良いと思います。

ローンを組まれる方は、ピーク時の契約は避け、

早めに動かれると良いと思います。

住宅見学会や勉強会では、そうしたことを

お伝えしております。

宜しければ、参加されて情報収集されてみては如何でしょうか?



今年は、お客様が動いております。
沢山、情報収集すればするほど、家づくりに反映されますので
良い情報を収集してくださいね。

本当の20年満室保証・利回り12%以上 障害者グループホーム事業説明会

ghome_header.jpg

供給過剰な戸建賃貸業界

現在、戸建て賃貸は、明らかに供給過剰となっております。この事は、公益社団法人 東京共同住宅協会の調べでも、明らかな統計となっております。

しかし、そうした反面、賃貸住宅建設は、止まりません。家賃保証などを付けて販売するケースも多々、ありますが、2年前後の契約更新の際に、家賃を落とされてしまうという事態を招いているのです。

また、弊社にも営業で来られる信用金庫さんや銀行さんからも、『新築で建てた賃貸住宅が埋まらず、既に、ローン返済で行きづまっている』などの声も現実、耳にします。

しかし、世の中の賃貸建築営業は、そうした状況にも関わらず、止まることはなく、今のこうしている瞬間も、契約が促進されている状況です。

それでは、ゲストハウスは、どうでしょうか?実は、この業界も、明らかな供給過剰です。

インターネットサイトで、ゲストハウス運営サイトを観れば、一目瞭然、殆どの物件が、空室になっております。

賃貸住宅はリスクを正確に見極めた提案でないと危険

私共でも、賃貸住宅を建設したい、というお客様からのご相談をお受けしますが、正直、怖いということをお伝えしております。

駅から10分であると、危険です。場所によっては、5分以内でないと難しい状況になってきています。

本ページをご覧になられている皆様で、賃貸計画をお持ちの方であれば、余程の注意が必要です。

私は、正直にお客様にリスクがある場合は、そうしたリスクをしっかりとお伝えします。受注欲しさに営業を行う会社とは、違います。必ず、お客様に喜んで頂けるであろうご提案以外は、してはいけないと、いつも思っているからです。

私達は、これから本当にお勧め出来る賃貸経営のご提案を行って参ります。

本当にお勧め出来る賃貸経営のご提案

それが、障害者グループホームの土地活用です。

高齢者を対象にしたグループホームは、既に、多く建築されており、事業採算性は合わない状況となりつつありますが、障害者を対象にしたグループホームは、非常に多く求められている現状があります。

障害者と言っても、一人暮らしが出来る方を対象にしており、且つ、世話人の方がついてくれるので、土地所有者の方の手は掛かりません。

外見から観ても、障害者とは、分からない方が、その対象となり、重度の方は、そうした所での生活は、そもそも出来ません。より、社会的な保護が、必要になります。

現在の土地に建設して頂き、その運営を社会福祉法人に委託という構図になります。更に、細かな計算が必要ですが、利回りは、国内最高基準12%位~は、確保出来そうです。

そして、本当の家賃20年保証が可能なのです。

家賃20年保証が可能にも関わらず手つかずだった理由

何故かと言いますと、全国的に障害者グループホームは、不足しており、その中でも、東京都は、その不足数が他の県と比べ、圧倒している現状があるからなのです。

国も、東京都自体もその建設に、非常に前向きです。しかし、それ程の条件に関わらず、ここまで不足しているのでしょうか?

それは、今まで、不動産業者様と土地所有者様と福祉法人様を結び付ける様な仲介者が存在していませんでした。情報も限られた世界で、どの様な収支計算が成り立つかも知られて来ませんでした。

その為、弊社では、社会的に必要な事業として捉え、本格的にそうした仲介説明を行い、障害者に必要なグループホームの供給をお手伝い出来れば、と考えました。

満を持して説明会を開催 申込み方法は?

それに伴い、土地オーナー様に向けた土地活用説明会を開催致します。

45坪以上の土地をお持ちの方で、安定的に土地活用をお望みで、同時に、社会貢献をされたい方が、その対象になります。

説明会は、弊社のみで行うのではなく、その事業を全国で展開している専門家を招き、どの様な収支構造になるのか?などを含め、総合的な事が理解出来る様な事業説明会となります。

この事業は、実際に、全国でスタートしており、他県での開催時は、30組募集に対して、90組の方がお越しになられた程の盛況ぶりでした。

土地活用をされようとするオーナー様は、これから更に大変な時代になります。人口減少、家余り現象、少子高齢化・・・そうした時代に向け、間違いなく対策をして土地活用をしていかなければ、何もしなければ、土地は、わずか2世代で税金に持っていかれると言われております。

ぜひ、本説明会を受講されて、社会貢献をしながら、間違いない収支が成り立つ、土地活用術を学ばれてください。

説明会の概要

◆開催日程

4月23日(土) 1日2回開催

午前の部 10時―12時

午後の部 13時―15時

◆説明会会場

新宿TOTOショールーム会議室 (http://showroom.toto.jp/showroom.aspx?sr=028)

(東京センターショールーム)

◆対象

  • 不動産会社様

  • 45坪以上の土地保有、または、運営希望の土地オーナー様

参加ご希望の方は、イベント申込みフォームより希望時間をご記入いただき、

お申し込みください。

障害者グループホーム

みなさん、こんにちは。
『しあわせ設計』 の家 の樋口です。

弊社では、新たな事業として
『障害者グループホーム建設事業』 を始めました。


圧倒的に世の中に不足している障害者の住まいの場です。

老人系のグループホームは、かなり供給が進んでいますが、障害者のグループホームは

全国どこでも、圧倒的に不足しているのです。

特に、東京は、全国ワースト1位です。

どうにか、供給を増やしていきたい、そうした想いでスタートしました。
今年に入って、セミナーを開始しております。

スゴイ土地活用でもあるのです。

社会貢献とビジネスをマッチングさせた

『障害者グループホーム建設事業』



これからの世の中に、必要であり、社会性の高い事業です。

詳しくは、 こちらを   ご覧くださいね。