障害者グループホーム建設 GROUPHOME

市場動向ニーズ分析

どの様な活用方法が良いかは、何を選ぶかによる

様々な賃貸活用法がある中で
どの様な活用法を選ぶかは、オーナー様が
何を求めるかによります。

例えばシェアハウスで活用したい場合、
そこには入居者との関わりがある場合もあります。
または、オーナーが直接リフォームに関わるなど、
どの様な規模感でやるかによって
関わり方も異なります。


そうしたことは、
オーナー様が何を求めるか?
によって変わってきます。
私自身も外国人を対象にしたゲストハウスを
経営したこともあります。

競合も少なく、家賃も高めの設定で
運用しました。

参入障壁も高いので
ビジネス的には安定しがちでしたが
法的な問題も整備されていない状況であった事
また、関わりも大変であったことなどから
その事業は途中から一般的な
日本人を対象にしたシェアハウスに変えました。


まさにオーナーが何をしたいか?
これにより選択幅は広がります。


一般賃貸住宅に変わる新たな賃貸を考える

今、一般賃貸住宅を懸念するオーナー様が
多くなりました。

確実に安心な地域であれば良いのですが
駅から5分を超える立地などの場合、
そうした懸念が多くあることを感じさせられます。

私自身がセミナーを開催していますので
そうしたオーナー様からの直の声が増えていることを
感じています。

しかし、そうした中、どの様な活用方法が
あるのでしょうか?


参考程度に以下にお伝えすると・・・・

◆ 戸建て賃貸住宅
◆ シェアハウス
◆ 老人ホーム、介護施設
◆ 障害者グループホーム、福祉施設
◆ 児童養護施設(保育園など)
◆ 駐車場
◆ 店舗誘致、クリニック誘致など
◆ コインパーキング
◆ レンタル倉庫
◆ テナントビル

などなど。
様々な活用法があります。

こうした活用法は、立地などによって
どの様な活用法が良いのかに左右されます。

一般賃貸住宅活用が難しくなってきている今だからこそ
しっかりとどの様な活用法があり、
どの様な活用法が適しているのか?
しっかりとした検証が必要になります。

そうすることで
長期間にわたり安定した活用法が見つけられるかと
思われます。


賃貸住宅・空室問題に対応するには?

前回、公益法人の調べをご紹介しました。

その問題のひとつが『空室問題』です。

以前にもお伝えしましたが、都心でも
特に駅から10分を超える賃貸住宅の空室が
目立ち始めています。

空室問題の他に、家賃滞納、管理費負担増、リフォーム負担増、
年収低下に伴う家賃の引き下げなども問題となっているそうです。

そうした際に
今まで通りのことをしていても
大丈夫なエリアとそうでないエリアに分かれます。
様々な活用が行き詰まる中、
新たな活用法が求められています。

老人ホーム、児童養護施設、戸建て賃貸など。

どの様な活用法をしていくかについては
様々な検証が必要となります。


賃貸経営、公益法人の調べによる問題点とは?

近年の賃貸住宅の問題点に関しまして
公益法人の調査についてお伝え致します。

・空室問題 (特に地方圏では深刻さは増していきます)
・家賃下落問題 (空室~家賃下落、競争激化)
・管理費負担増 (近年の入居者に関しては以前以上にリフォーム負担が
         必要になってきている)

という大家さんの負担は増えています。
更に、社会的問題として、年収低下があります。

それに伴い家賃滞納の増加などが
問題となっています。

そうした問題にどのように対応すべきか?

そのひとつひとつについて
次回以降に触れて参ります。

狭小賃貸のリスクと対策

前回は、注目されつつある都内の狭小賃貸について
お伝えしました。

しかし、どの様な賃貸でもリスクはそれなりにあります。

では、狭小賃貸のリスクとはどの様なことがあるのでしょうか?

答えは、家賃滞納などの問題があります。

年収が比較的低い方を対象にすると起こりうるリスクです。

そうした場合に必要な事、
それは、取り決めをしっかりとしておくことと
面談となります。


それによりリスクはかなり低減できることは
間違いありません。