障害者グループホーム建設 GROUPHOME

賃貸経営と節税

地主様の悩み 節税 名義 1-④

地主様の悩み 節税 名義 1-④


一般的に不動産を所有する場合に
名義を誰にするのか?
という事だけでも納税額は異なります。


これは、不動産全般に言えることで、新規に障害者グループホーム
を計画する際にも同じことが言えます。


具体的には、ご夫婦のどちらかでグループホームを所有したとします。
簡単に言うと、累進課税であることから、ご夫婦どちらかの年収が少ない方の
名義にした方が所得税額は節税になります。


とても簡単な事例ですが
名義ひとつでも税金は変わります。


もちろん、土地所有はどちらになるのか?
相続はどうするのか?
様々な要因がありますが、
総体的な視点で観て判断することが重要です。


様々な情報を組み合わせて精査し
より良い判断をすることが重要と言えるのです。


表紙 kikenn .JPG

地主様の悩み 税金 戦略的会計 1-③ 

地主様の悩み 税金 戦略的会計 1-③ 

会計と言いましても
様々な手法を持って数字の理解を高めることが
重要です。


現状の数字を理解することが基本となりますが、
その理解の仕方も様々です。


一般的には1~2カ月の期間の中で
損益計算書と貸借対照表を確認しながら状況把握を
行うことが多いかと思われます。


より理解を深めることを目的にして
月次決算を行うケースもあります。


しかし、この2つの会計の特徴は
結果論の理解であることです。


それに対して戦略的会計というものもあります。
得たい結果=利益 を前提にして
固定費や変動費をどう動かすとそうした結果に
結び付けられるか? と戦略的に観ていくものになります。


この様な会計手法は
土地、建物の活用を計画的に行う場合、
物件数を増やして行く際に有効と言えます。


土地や賃貸に関して税金の
基本的な理解が先となり、
それに対してどれ位の最終収益が残るのか?
税金はどれ位かかり、それを活用することで
節税などにつなげられるか?


収入があり、それにかかる税金を正しく理解することで
資産の適正分配とどの様に資産を継承することが
メリットにつながるか? という理解が深まります。


まずは、土地・不動産に関わる税金についての
理解を深め、計画的に節税対策を
行うことが重要です。


これも依頼する税理士先生によって
結果に差が出る所です。


地主様の悩み 税金・税理先生 1-②

地主様の悩み 税金・税理先生 1-②


地主様の悩みのひとつとして
『税金』があります。


前回の続きとなりますが、
今回は税理士先生の選択についてお話したいと
思います。


税理士先生ですが、
その分野の専門性が高いかそうでないか、ということがあります。


例えば、相続税ですが、
世の中の多くの税理士先生・会計士先生の殆どが
そうした専門性に強いか?
と言うと、実際にはそうでないという側面があります。


そして、そうした先生は、

オーナー様寄りか?
それとも、教科書寄りか?


ここが重要です。


私自身も会社経営をしておりますので
様々なパターンの税理先生と接触してきましたが
しっくりしないで顧問契約を切り替えた経験もあります。


問題は、私たちオーナー側が
何を求めているのか?
それに合わせた先生を選択する必要があります。


これにより納税額も異なってきます。


多くの方は、そうした士業の先生を
今までのお付合いであったり、多くの理由から
切り替え経験が少ない、という側面があります。


特に『税金』で悩まれているオーナー様に関しては
まずは、自身の悩みについて焦点を絞り込んで
検討をされてみては如何でしょうか?


次回は、戦略的会計に関しましてお伝えします。

地主様の悩み 税金1-①

地主様の悩み 税金1-① 


私たちの暮らす日本では収入に応じた
累進課税制度が設けられております。


高額所得者になればなるほど、税金の為に働いている
という感覚を持たれる方は多くおります。


総所得額が上がれば上がる程、
納税金額が高額になるからです。
昨年よりも収入は増えたけれど、納税額が増えて結果、
収入は大して変わらない・・・などの境界線を感じられいる方も
多くいると思われます。


様々な前提がありますが、
『税金の知識』を高めることはとても重要と言えます。


何故なら、多くの人の支出で一番大きな支出が
税金を支払う金額であるからです。


税金の知識を高めることで、
様々な特例に対しての知識が身につきます。
例えば、グループホーム計画の場合、小規模宅地の特例の
活用であったり、消費税還付であったり、様々です。、


税金の知識を知らないが為に『損』をしているケースは多くあります。
知ることで節税に繋げられるのです。


そうした意味では、土地活用においては
そうした知識を高めていくことが重要です。


その為にすべき始めの一歩が
基本的な知識を身につけることとなります。


まずは、書籍から不動産オーナーの税金の知識を
身につけられてください。
色々な役立つ知識を身につけることが出来ることでしょう。


そして、次に行うことが税理士先生の選択となります。


アパート経営に代わる障害者グループホーム経営で様々な問題を解決する

アパート経営に代わる障害者グループホーム経営で様々な問題を解決する


人口増加による経済成長期には
全国各地において賃貸アパート経営投資が行われてきました。


時代は変わり、多くの地方都市では
それが成り立ちにくくなってしまいました。


不動産投資を通して
地主様はどの様な問題を解決してきたのでしょうか?


それは、賃貸経営を通して
収入を確保することであったり
土地建物を次世代に継承させることであったり
相続などの税金に対策することなどを
行ってきました。


その為に、管理法人を設立したりします。


今までの不動産投資は経済発展と人口増加に支えられて
やりやすかったと言えます。


しかし、時代は逆転しています。
そうした意味では、活用が難しくなったことは
既にお伝えしている通りです。

明らかに営業マンの言う通りでは
後悔してしまうことが起きかねない状況になったのです。


今までのアパート経営での不動産活用を振り返ると

◆ 収入補填・年金補填
◆ 税金対策
◆ 同じ税金でも相続税対策
◆ 資産・収入を次世代に継承
◆ 法人設立して明確に収入分配を行う


という事でしたが、現在、アパート神話の土台が危うくなって
きています。それにより、一般的な不動産投資以外に
安定・安全な投資の必要性は年を追うごとにそのニーズは
高まってきています。


不動産投資・土地活用では、
建築費などの大きなお金を動かす関係上、
どうしてもリスクが伴いがちです。


リスクを最小限に保ちながら、収入面を安定して確保する、
その様な活用が『障害者グループホーム活用』
と言えるのです。


表紙 kikenn .JPG