障害者グループホーム建設 GROUPHOME

賃貸経営と節税

地主様の悩み セールス 2

地主様の悩み セールス 2


地主様は、アパートを建てて大丈夫??
と疑問を持ち、警戒している方が多くおります。


アパートメーカーとしての供給側も
賃貸・アパート市場が厳しくなっていることを実感しています。
担当営業は、尚更です。


その様な状況ですから
営業マンの言う事を鵜呑みにするにはリスクがありすぎる
という事です。


不動産投資で失敗している人達は
アパートだけではありません。
前回もお伝えしましたが、シェアハウス、ゲストハウスも
同じこと。23区内では、ワンルームマンション投資など
少額投資でも同じです。


最もらしい説明を受ける訳ですが
本当に大丈夫か? をしっかりと考えなければなりません。
営業マンは、自身の成績を上げることが中心になっていないでしょうか?


失敗をふせぐには、『市場調査』が欠かせません。
具体的には、どれ位のニーズがあり、
現在、どれ位の供給がされているか?
また、空室はどれ位か?


そうです、『全体像の理解・市場の理解』 を大前提に考えなければ
なりません。その上で、市場性を見極めると、そうした投資が
大丈夫かどうかが見極め安くなります。


後で後悔してしまう人達の特徴としては
セールスを鵜呑みにしてしまう方が少なくありません。
自身で市場調査を行い、
全体市場を見極めていたら、その投資は果たして行っていたのか?
利益という視点の理解は大丈夫であったのか?


私たちから観ると
『何故、この様な投資をするのか?』と思ってしまいます。
かの有名なシェアハウス詐欺などは、
その市場飽和率から観ても、何故、あそこまで騙される人が出たのか
不思議としか言いようがありません。


そうならない様に
まずは、自身で市場調査を行う意識を持って
望むこと・・・ これが、大事です。


需要と供給率について、本サイトは、障害者グループホームのサイトと
なりますので、次回は、福祉系住宅の需要・供給について
触れたいと思います。


本サイトでは、これを観ている皆様に
正しい情報をお伝えしていくことを大事に考えておりますので
今後の不動産投資にお役立てください。


表紙 kikenn .JPG


地主様の悩み セールス

地主様の悩み セールス  私たちがお伝えしたいこと。


地主様の中には、
セールスを受けて、アパートを建て、大損をして方々が
おります。


世の中には、問題あるセールスが多く存在します。

当初、満室経営を保証するかの様な言い回しで
何棟もアパートを建てさせられ、蓋を開けると空室。
多額の借金を背負わされ・・・


そうした状況に耐えられず、
亡くなられた方まで出てしまっています。


アパート会社に向けたオーナー様の集団訴訟など、
本当に信じられない問題が起きています。


それは、アパートだけでなく、有名なシェアハウス・ゲストハウスでも
起きました。


しかし、何故、そうした問題が絶えないのでしょうか?
まるでイタチごっこの様に、問題がなくなることがないかの様です。


弊社では、東京都大田区を拠点として、23区内から東京西部エリア
などの関東圏で障害者グループホームの建設運営を
行っておりますが、多くのオーナー様は『しつこいセールス』を警戒
しており、また、本当にアパート、賃貸経営をして大丈夫か?
ということに疑問を抱いております。


特に駅から10分を超える様な立地であったり
バス便であったりすると尚更、そうした警戒感は強くなります。


では、何故、問題を見抜くことが出来ないのでしょうか?
問題を見抜ければ、騙されることはありません。
その為に、何をすべきなのでしょうか?


次回は、そうした問題点を見抜く上で
重要な事をお伝え致します。


↓ ↓ 問題を見抜くガイドブックです。


表紙 kikenn .JPG


地主様の悩み 様々な節税1-⑤

地主様の悩み 様々な節税1-⑤


不動産を所有することで様々な節税が可能に
なります。


法人設立をすることによる節税であったり、
減価償却であったり、物件の大きさによっては小規模宅地の特例で
あったり、相続税対策であったり、
その種類は様々です。
(障害者グループホームは、小規模宅地特例なども適応されるケースが 
 ありますので、様々な節税効果があります。)
法人設立などでは、経費計上できる様にしていくこともあります。


節税の詳細に関しては
物件ごとにことなりますので
詳細は、精通したプロに依頼することをお勧めします。
しかも、そのプロは、オーナー様の要望に極力沿うプロで
なければなりません。

更地にしておくことで税金の支払いも多くなります。
駐車場よりも、建物を建てた方が節税効果は
高くなります。


そうした情報をもとに計画を組むことが重要です。

不動産の節税対策の書籍なども参考になりますので
まずは、そうした所から勉強を重ねていくことも重要です。


本グループホーム経営ドットコムでは、
不動産投資を行う上で、注意すべき概要をお伝えして
おります。


また、機会を改め、
相続税対策の概略や法人設立などについても
触れて参ります。

地主様の悩み 所得分散 障害者グループホーム建設に辺り

地主様の悩み 所得分散 障害者グループホーム建設に辺り


税金対策として
所得分散は必須項目となります。
最初から配偶者・子などの名義で建てるケースの資金の
流れですが・・・

子に資金がない場合、
子が親から借金をする、契約書を交わし、且つ、利息も発生し
計画的に返済を行う。


これにより子には家賃収入を発生させることが出来ます。
=子の収入を上げ、親の手持ち資金を減らすことが出来ます。


借入れは金融機関と思いがちですが、
親子間でも問題ありません。

入口の段階で、登記と資金の流れの設定が
重要になります。


障害者グループホームの建設においては
建設に至るまでにどの様に資金を計画するか?
相続や節税対策も課題と言えます。


私共では、いつもご相談頂く皆さまから
様々な具体的なプランをご提示し
得する計画のサポートを行っております。


表紙 kikenn .JPG


地主様の悩み 税金・不動産所得の経費

地主様の悩み 税金・不動産所得の経費


地主様の不動産に対しての税金は、固定資産税があります。
これは、ただの更地でも土地を持っていれば払う必要があります。


これを駐車場にすると、固定資産税を経費計上できる様に
なります。


土地は有効活用して、お金が残る様になってきます。
まずは、不動産投資の最初の一歩にあたります。


借金をしてアパートを建てると利息は経費になります。
その他、駐車場にするよりも建物を建てた方が
税制的にも有利になります。

固定資産税、利息、減価償却費が経費となります。


これが自宅の場合ですと
固定資産税も経費計上にはならず、
ローン返済もそのままの状況となります。


この様に、土地は活用してよりキャッシュも
活きてきます。


東京都23区内などは、
特に土地価格も高く、それなりの活用をしないと
厳しい状況になります。


賃貸住宅はそれなりの優遇にはなりますが、
しかし、それは満室などがあってのこと。


この前提が崩れない不動産投資が
必要となりますが、厳しい賃貸事情ですので
安定した障害者グループホーム経営が
一層求められているのです。


表紙 kikenn .JPG