しあわせブログ BLOG

知って得する建築知識

アートテン技術加工を施した 『しあわせ塗り壁』

環境循環型の住まいづくりで、良質な素材は、欠かせません。
健康な住まいづくりでも、一番重要な要素と言えます。

環境に良い=健康に良いのです。

『しあわせ塗り壁』 もまさに、一級品の素材です。
ミネラルと酵素が、生き続けている化石を主原料としている素材というものは
中々、他にはありません。

http://shiawase-nurikabe.com/

『しあわせ塗り壁』 は、漆喰や珪藻土、更には、本物の木(丸太)

よりも調湿作用が高いのは驚きですが、実は、それ以上に

スゴイ加工を施し、出荷しております。



それが、『アートテンテクノロジー加工』 です。

具体的には、光照射加工を施すのですが、これにより、全ての効果は1.2倍以上に高まります。

(計測済)



『しあわせ塗り壁』 と合わせ、この加工は、弊社のオリジナルですがこれからの時代には、

欠かせない技術加工であることは間違いありません。



アートテン加工は、日本のみならず、世界的な技術であります。

家族のしあわせを守る 『しあわせ塗り壁』 は、非常に価値ある技術加工を施した商品なのです。



アートテン加工にご興味がおありの方は

『アートテン技術普及協会』 のオフィシャルHPをご確認くださいね。

アートテン技術は、農業から製造業まで、全ての産業に活用されている特殊技術です。

この技術を採用することで、より皆さまに 『しあわせ』 になって欲しいと思っております。 



寒い冬、エアコンの空間で加湿器なしでも大丈夫!!

私が暮らす空間、過ごす空間は、全て 『しあわせ塗り壁』 の空間であることは

勿論の事・・・・


冬場の寒い時期、

家の中では、エアコンを使用しております。


加湿器を一切使用することなく、

エアコンだけでも湿度は、40%を超えております。


湿度が、30%を下回ると風邪やインフルエンザ菌が発生します。

しかし、この塗り壁の空間では、風邪やインフルエンザ菌などが

発生出来ない環境を作り出しているのです。



本物の木よりも調湿作用が高いことから

静電気も起きない為、埃も発生しない環境にもなります。


夏場は、黒カビ菌の発生も抑えます。



住まいづくりで湿度環境が大切なことは

ある程度は、理解されていたとしても、実際にエアコンのみの空間で

加湿器も全く使わずに湿度が、40%を超えてキープしている状態

は、本当にスゴイことなのです。

風邪・インフルエンザ菌を発生させない家づくりとは?

みなさんこんにちは。
住まいの環境要因と健康とは、密接なつながりがあります。
今回は、その話題をひとつ・・・・


風邪やインフルエンザなどの発生と湿度とは、密接な関係性があります。

どういうことかと言いますと、

湿度が低湿な時、要するに、冬場の寒くて乾燥時期では

湿度が、30%を前後になってきます。

すると、低湿な環境では、インフルエンザ菌やその他の

病原菌が発生しやすくなるのです。

そういう理由で、冬場には、様々な病気が発生しやすくなるのです。

ですので、住まいづくりで大切な事は、

しっかりと調湿作用を整えることが大切なのです。

それだけで、相当な病気予防になるのです。


そうしたことから内装に採用する材料が、極めて大切になります。
そうした理由から、ミネラルと酵素の化石『しあわせ塗り壁』などが
非常に高い効果を発揮するのです。


http://shiawase-nurikabe.com/


商材は、良い物と今ひとつのものとそれぞれです。

その判断基準が、化学物質含有量となるのです。
『しあわせ塗り壁』の純度は、本当にスゴイのです。

食&住が脳に与える影響

食べ物を変えれば、脳が変わる、人生が変わる。

脳が快適にはたらけば、頭脳明晰となり、知能が高まる。気分も良く、生活も楽しい。当たり前のことだと思うのですが、以外に考えずに気にせず、好きなように食べている方が多いようです。

私たちは、毎日食べるものによってできているし、健康長寿は万人の願いだと思うのですが。
例えば、白砂糖が知能に悪い影響を与えることが、報告されています。

マサチューセッツ工科大学のアレックス・シャウス教授が、子どもたちを白砂糖の消費量別に五群に分けてIQを比べたところ、白砂糖の消費量の一番高い群は一番低い群よりもIQが25%も低かったと記しています。

また、アメリカではアルツハイマー病患者数は2007年には510万人。日本では2008年に140万人と推計され、高齢化が進むにつれ、患者数が急増します。レーガン元アメリカ大統領も晩年はアルツハイマー病で過ごしました。実は、週に一度でも魚を食べる習慣のある人は、まったく食べない人にくらべて、アルツハイマー病の発症リスクを半減できることがわかっています。

102歳でお元気に活躍中の日野原重明医師は魚が大好物だとうかがっております。

脳は脂肪でできている。

ヒトの脳は水分を除けば60%が脂肪でできています。
とくに、子どもの脳は毎日大きくなっていますから、成長に必要な脂肪の量も多い。とりわけ、必須脂肪酸が欠かせません。必須脂肪酸とはオメガ3とオメガ6のことです。

アレルギー、ぜんそく、湿疹、感染から守るはたらき、脳を健やかに育てるはたらきがあります。

必須脂肪酸が不足すれば、うつ、多動、自閉症、記憶障害、誤った行動などを引き起こしやすくなる。不足すると、脳神経のケーブルを伝わる電気シグナルが漏電し、情報の伝わるスピードが落ち、頭の回転が鈍くなる。

オメガ3とオメガ6の比率は、1対1が望ましいのですが、現在オメガ3対オメガ6の比率は、日本人は1対4。アメリカ人、イギリス人は1対20~30となっています。アメリカ人やイギリス人はオメガ6が大過剰、オメガ3が少なすぎです。今、アメリカやイギリスではアルツハイマー病が爆発的に増えていて、その原因の一つがオメガ6のとりすぎであると研究者によって指摘されています。

オメガ6は、コーン油、ダイズ油、ベニバナ油、ヒマワリ油などの植物油に多く含まれます。これらの植物油の摂取を減らすべきです。代わりに、オメガ9のオリーブ油を使うのがよいようです。

最善の策は、オメガ3を積極的にとることです。

青魚を食べてEPA、DHAの補給!

オメガ3の代表は、α―リノレン酸、EPA,DHAです。

通常、一人当たり1日300~400ミリグラムのEPAやDHAを必要とするようですが、学習障害や心臓病などの問題を解決するには、2~3倍とるのがよいようです。 実際EPA,DHAを多くとることをお勧めしています。実際、体質が変わり、確かに障害が改善しています。

EPAやDHAは、イワシ、サバ、サンマ、アジ、ブリ、マグロ、サーモンなどの青魚に多く含まれています。植物ではシソ油やアマニ油に含まれています。

*参考書籍:「食べ物を変えれば脳が変わる」 生田哲 PHP新書

以上の様に、脳の働きと食には、密接なつながりがあります。私達は、大田区を中心に、品川区、世田谷区、目黒区、川崎区などにて全面リフォームを検討されている方などに安全性を検討し、建て替えのご提案などを行っておりますが、既にお建て頂いたお客様を中心に健康で仲良く暮らして欲しい、という想いから、健康へのご提案を行っております。

勿論、これからご計画のお客様にも、健康と脳の働きと住まいの在り方についてのご提案を行っております。

住まいが脳に与える影響も、限りなく大きいのが、事実です。そうした設計時における注意点、『しあわせ塗り壁』をメインにした素材の選択など様々なご提案の融合が必要となります。