障害者グループホーム建設 GROUPHOME

賃貸経営の現状とは?

こんにちは。
開発担当ユリです。

アパートなど賃貸経営をされている or 今後検討されているオーナー様にとって、
不安材料のひとつである、賃料収入の安定性について。

新築から数年は満室でも築年数が経つにつれ、アパートとしての魅力度は減少し、
また近隣に競合アパートも続々建築していき、
5年経過後から空室が出始めるアパートも少なくありません。

賃料収入の維持のため今やリノベーションや修繕を定期に行い、
空室リスクを回避する考え方が一般的になってきた事も事実です。
一方では木造30年で建て替えを検討しているオーナー様もおられる様で、
多額のローンを組まなければいけない事は疎か、
スクラップ&ビルドを繰り返していては国の施策である
「良質な建物を建て、ストックしてゆく」
考え方に即しません。

そもそも現代の建物は高寿命化が進み、
木造住宅でも修繕をすれば、60年以上
構造躯体は、何ら問題無く持ちます。

我々のご提案する「障害者グループホーム」は
一人一人の入居者の方が生涯に渡り暮らす事を目的とした建物ですので、
リノベーションはせず、安全・快適に暮らす事の出来るよう必要最低限の修繕のみを行いますので、
オーナー様の修繕負担も当然最小限となります。

つまり、外観美化やトレンドなどに左右される事無く、
安定収入が期待できるところにあります。