障害者グループホーム建設 GROUPHOME

建築難の土地 建築の方法②

こんにちは。
ユリです。
建築が難しそうな土地、前回は崖地についてふれましたが、
前面道路が狭い土地についてご説明させて頂きます。


新たに建物を建てようとする場合、前面道路が狭い道路ですと、その状態では建築確認が下りないのはご存知の事かと思います。
前面道路が4M未満の道路の場合(狭隘道路また、2項道路とも呼びます)セットバックといって敷地の一部を道路として提供する必要性があります。


当然ながら、土地から道路提供部分を除いた土地が建物を建てられる有効宅地面積となり、この有効土地面積に対して指定の建蔽率・容積率を乗じて建築できる建物の大きさが決まります。
気をつけて頂きたいのは低層住居地域における斜線制限です。
低層住居地域は斜線制限が厳しく、建物の高さや屋根の形状の制限を受けやすい地域といえます。
特に道路斜線制限は前面道路の幅員によって建物の大きさ・形状に左右されますから土地の有効活用の為にはしっかりと設計をする事が必要不可欠となります。
設計の精度により収納スペースが生まれた、部屋が1つ作れたなどよくある話でございます。


8080fcea-44e1-4538-a61c-7bd52b9f52bc.jpg