障害者グループホーム建設 GROUPHOME

賃貸住宅建設計画にあたり、市場調査の重要性2

賃貸住宅建設計画にあたり、市場調査の重要性2


前回は、市場調査の重要性についてお伝えしました。
当たり前と思われた方も多く居られると思います。


しかし、市場調査をどれ位の方が
どの程度実践されているのでしょうか?
感覚レベルが多くないでしょうか?


福祉系賃貸住宅、例えば、高齢者系施設で言うと、
エリアによる供給率はバラバラです。


既に過密しているエリアで開業すると厳しい展開が想定されますし
その逆の場合は、優位性が保たれます。
県によって、供給率が違います。


過密している市場においては
どの様な営業展開をしていくか?
如何に他社との差別化要素をはかるのか?
などの対策が重要になってきます。


これは
一般賃貸住宅やアパートでも同じことが言えます。

障害者グループホームでも
東京都23区内で建てるアパートや賃貸住宅、同じ東京都でも市と言われる
西部エリアにおいては供給率がそれぞれです。


そうしたエリアにおいて市場調査を行い、
更にご入居者様付けを行う手法を検討した上で
開発を進めないと、苦戦した場合、かなりのマイナスが生じて
しまいます。


一般賃貸住宅でも高齢者住宅でも障害者住宅でも
入居者様を付ける為の施策・特徴が求められるのです。


この事を理解しないままに進めると後で後悔しかねません。
本サイトでは、障害者グループホームに興味があり
オーナーとして参画したい、
運営事業をしたい、
などの問合せが多数寄せられますが、
弊社で確認する、初めの1歩が、出店希望エリアです。


そのベースがあって、
可能性を探ります。


障害者グループホームは全国的に
不足しているといますが、既に供給過多のエリアも
出ております。


福祉系住宅である高齢者住宅などは
既に市場競争が激化して倒産している業者も
目につくようになってきました。


まずは、市場調査が重要と言えるのです。


次回は、市場競争が激しくなる障害者グループホームの
近未来的な状況について考えて参ります。


表紙 kikenn .JPG