家族の健康を守る住環境

アートテン技術加工を施した 『しあわせ塗り壁』


環境循環型の住まいづくりで、良質な素材は、欠かせません。
健康な住まいづくりでも、一番重要な要素と言えます。

環境に良い=健康に良いのです。

『しあわせ塗り壁』 もまさに、一級品の素材です。
ミネラルと酵素が、生き続けている化石を主原料としている素材というものは
中々、他にはありません。

http://shiawase-nurikabe.com/

『しあわせ塗り壁』 は、漆喰や珪藻土、更には、本物の木(丸太)

よりも調湿作用が高いのは驚きですが、実は、それ以上に

スゴイ加工を施し、出荷しております。



それが、『アートテンテクノロジー加工』 です。

具体的には、光照射加工を施すのですが、これにより、全ての効果は1.2倍以上に高まります。

(計測済)



『しあわせ塗り壁』 と合わせ、この加工は、弊社のオリジナルですがこれからの時代には、

欠かせない技術加工であることは間違いありません。



アートテン加工は、日本のみならず、世界的な技術であります。

家族のしあわせを守る 『しあわせ塗り壁』 は、非常に価値ある技術加工を施した商品なのです。



アートテン加工にご興味がおありの方は

『アートテン技術普及協会』 のオフィシャルHPをご確認くださいね。

アートテン技術は、農業から製造業まで、全ての産業に活用されている特殊技術です。

この技術を採用することで、より皆さまに 『しあわせ』 になって欲しいと思っております。 





寒い冬、エアコンの空間で加湿器なしでも大丈夫!!


私が暮らす空間、過ごす空間は、全て 『しあわせ塗り壁』 の空間であることは

勿論の事・・・・


冬場の寒い時期、

家の中では、エアコンを使用しております。


加湿器を一切使用することなく、

エアコンだけでも湿度は、40%を超えております。


湿度が、30%を下回ると風邪やインフルエンザ菌が発生します。

しかし、この塗り壁の空間では、風邪やインフルエンザ菌などが

発生出来ない環境を作り出しているのです。



本物の木よりも調湿作用が高いことから

静電気も起きない為、埃も発生しない環境にもなります。


夏場は、黒カビ菌の発生も抑えます。



住まいづくりで湿度環境が大切なことは

ある程度は、理解されていたとしても、実際にエアコンのみの空間で

加湿器も全く使わずに湿度が、40%を超えてキープしている状態

は、本当にスゴイことなのです。



風邪・インフルエンザ菌を発生させない家づくりとは?


みなさんこんにちは。
住まいの環境要因と健康とは、密接なつながりがあります。
今回は、その話題をひとつ・・・・


風邪やインフルエンザなどの発生と湿度とは、密接な関係性があります。

どういうことかと言いますと、

湿度が低湿な時、要するに、冬場の寒くて乾燥時期では

湿度が、30%を前後になってきます。

すると、低湿な環境では、インフルエンザ菌やその他の

病原菌が発生しやすくなるのです。

そういう理由で、冬場には、様々な病気が発生しやすくなるのです。

ですので、住まいづくりで大切な事は、

しっかりと調湿作用を整えることが大切なのです。

それだけで、相当な病気予防になるのです。


そうしたことから内装に採用する材料が、極めて大切になります。
そうした理由から、ミネラルと酵素の化石『しあわせ塗り壁』などが
非常に高い効果を発揮するのです。


http://shiawase-nurikabe.com/


商材は、良い物と今ひとつのものとそれぞれです。

その判断基準が、化学物質含有量となるのです。
『しあわせ塗り壁』の純度は、本当にスゴイのです。

前の記事 1  2  3