二世帯住宅を建てたい!【6】


玄関が別々の二世帯にする


目次


玄関が別か一緒かでタイプが変わる
玄関を別々にするワケ
玄関別々にすると玄関スペースが狭くなる?
なかでつながる扉をつくる
なかでつながる扉にカギをつけるかどうか?

 



玄関が別か一緒かでタイプが変わる

二世帯を考えるときに、玄関ってどう考えていますか?

「同居なら、玄関は同じでいいんじゃないかな」
「別に玄関は、同じでもなんの問題もない」
そのように考えるでしょうか。

二世帯には、3タイプありますが、「玄関が一緒」なのは一部同居タイプや完全同居タイプに当てはまります。
「玄関が別々」となると、これは完全分離タイプとなります。玄関が別々でも、なかで行き来できるドアを作る場合もあります。

子世代と親世代の生活リズムや建てる間取りにもよりますが、おすすめは、「玄関が別々」です。

 



玄関を別々にするワケ

nisetai6_key.jpg最初は、玄関は同じでもと思うかもしれませんが、いざ暮らしはじめると意外と気になることがあります。

それは、ドアの開け閉めの音。

住んでいるみんなが同じ生活リズムであれば、出入りの時間帯もだいたい同じになることでしょう。それであれば、気にならないかもしれません。

しかし、よくあるのが子世代の働いている夫婦の帰宅が夜遅くなったり、子ども(孫)が遅く帰宅したりすることで、その物音で寝ている親世代が起きてしまうということ。

2階建ての二世帯の場合、だいたい1階が親世代のスペースになります。玄関から寝室までが遠ければいいのですが、なんだかんだ玄関の物音や上の階へと昇る階段の音などは響くものです。子世代も、そーっと閉めたり、そーっと開けたりと気をつかうならば、いっそ玄関は別々の方が気兼ねしなくていいものです。

 



玄関別々にすると玄関スペースが狭くなる?

では、玄関を別々にしようと思ったら、どこに作るといいのでしょうか。

1階、2階とで玄関を別々にする方法があります。親世代、子世代で居住階をわけるならば、そこに合わせて玄関がある方が便利です。外に階段を設ければ、階段の物音もなかにまでは、響きません。

1階にそれぞれの玄関を作るのはどうでしょうか。

玄関を2つ作ると、どうしても狭くなるなど制限がでてしまうことが多いです。比較的大きめな間取りであっても、子世代で子どもが2人もいると、靴を家族分しまうことができないということも。

そこで玄関とは別に、シューズクロークを設けてみてはいかがでしょうか。小さな子どもの場合、バギーや外での遊び道具、子ども用の自転車なども家のなかに置きたいものです。しかも出かけるときに使うので、家の奥にしまい込むと取り出すのが、面倒になってしまいます。これらも玄関のところにシューズクロークがあれば、そこに靴とともに収納することができます。子世代の方にだけ、シューズクロークを設けてもいいでしょう。玄関がすっきりとします。

 



なかでつながる扉をつくる

玄関を別々にしたら、隣り合って住んでいるのにむしろ会わなくなってしまったという話もあります。近くにいるから、いつでも会えるからと思うからでしょう。

しかし、せっかく近くに住んでいるならば、気配を感じる、行き来できる扉をなかにつくるパターンもあります。別々の玄関を隣り合わせにし、その壁につながる扉をつくるのがおすすめ。違うところに、つながる扉をつくるには、お互いの間取りを合わせて調整しなければなりません。

また、なかでつながる扉をつくるとこんなメリットもあります。

① 相続税が安くなる可能性がある

親世代から相続する際に、小規模宅地等の特例で、8割減が受けられる可能性があります。

②共同住宅の規制を受けない

1つの建物に二世帯の住人が住む場合、完全独立だと共同住宅の規制を受けることになります。なかでつながる扉があることで、共同住宅の規制を受けずにすみます。扉は、鍵付きでもかまいません。

③気兼ねなく行き来ができる

いちいち、外に出て尋ねなくていいので、気兼ねなく行き来ができます。

つながる扉をつくるだけで、税金の面でメリットがあります。

 



なかでつながる扉にカギをつけるかどうか?

nisetai6_key.jpg玄関を別々にし、なかでつながる扉を設置しました。

では、その扉にカギはつけますか? つけませんか?

実の親子の同居の場合は、カギはいらない、家族なんだから水臭いといいがちだそうです。しかし、義理の親子の場合はどうでしょうか。急に入ってきたり、休みの日でも朝早くてもかまわず出入りされたり、プライベートがなくなることを考えて、実はカギをつけたいと思っているものの、表立っていえないということが多いそうです。表立って伝えたことで、信用していないということかなどと離婚騒ぎになったり、親世帯との仲に溝ができたりということもあるようです。

カギをつける費用や取り付け工事もたいしたことはありません。直接、親世帯や子世帯とで話し合うとこじれる恐れがあるなら、間に建設会社、事務所などを挟んで相談してみましょう。家とは、安心してくつろげるところでありたいもの。みんながストレスなく過ごせるように、カギひとつで解決するならば、つけた方が安心です。



nisetai6_woodhouse.jpg



banneb.png bannea.jpg


大田区狭小3階建て・2世帯住宅施工事例


lhttps://ameblo.jp/btech/entry-12607138292.html営業ブログも併せてご覧ください。

大田区東六郷の家。木造3階建ての家は北側斜線と道路斜線の影響を受けながら、最大限部屋の広さとバルコニーを確保しました。
外壁は明るめなサイディングを、同色の柄違いで貼り分ける事で、スッキリとした印象の家になりました。
IMG_1204.JPG
バルコニーは広さを変えて使い方に自由度を加えました。洗濯物は干すものによって必要な広さが変わり、季節によって日当たりも変わります。洗濯物以外でも小さなお子様の遊び場や、椅子を置いて読書スペースにも活用出来ます。
IMG_1207.JPGIMG_1383.JPG
お施主様御支給のフローリングを貼ったお部屋。落ち着いた色合いのフローリングですが、日中は外の明るい外壁が太陽光を反射して室内に明るさをもたらしています。
IMG_1389.JPGIMG_1313.JPG
対面キッチンの床は3層フローリング。床の表面が突板3mmで足触りが良く、長時間の立ち仕事でも足の裏が痛くなりません。
IMG_1377.JPGIMG_1378.JPG
お子様部屋のアクセントクロス。クロスを選んだご両親のお子様への優しさが


伝わります。
IMG_1210.JPG

こちらは矢口の家のキッチン。フローリングの色合いが変わると空間イメージも大きく変化します。ダウンライトと白の建具が壁紙に馴染み、スッキリとした印象です、
DSC_0168.JPG
キッチン脇の白い建具を開けると洗面・浴室へとつながります。
DSC_0167.JPG
寝室のアクセントクロスも映えます。
DSC_0170.JPG
リビングの先に小上がりの和室を作る事も。
DSC_0176.JPG
ダウンライト以外でも天井の主照明を天井に埋め込むことで、部屋の印象が変わります。
DSC_0174.JPG
対面キッチンは、吊り戸が無いと収納力は背面のカップボードに依存しますが、吊り戸が無くなる事で、リビングのエアコンの風がキッチン内部まで効率よく流れ込むメリットが生まれます。DSC_0178.JPG

大工:豊留棟梁・山本棟梁
基礎:北英建設・田政建設
屋根:外壁:月田屋根興業
材木:高山木材
電気設備:松園電気・張戸電気
給排水設備:友和設備・アクアエンジニア
設備機器:LIXIL・TOTO
サッシ:LIXIL・YKKAP/京浜住器・高山木材
建材:LIXIL・北洲・パナソニック/京浜住器・北洲

施工管理:大峠
営業・設計・仕様:林