2016年1月

むくむくはうす新商品発表会を開催します


日本の10年先行く住まいづくりである『むくむくはうす』 の新商品発表会を開催致します

明日。1月30日、下北沢で開催します。

食べ物も含め、住環境と暮らし方を提案する 『むくむくはうす』 ですが、どういう素材を採用するのか?

そして、それはどういう意味があり、どの様な効果が得られるのか?

日本の10年先行く住まいづくりとはどういったものなのか?

などを具体的に分かりやすくお伝えします。



その為に、健康でエコなメーカーなどの出店市も同時開催します。




その他、NHKによく出演されているスウェーデン人の環境コンサルタントの

ぺオ氏のセミナー、そして、東大寺ミュージアム設計やその他、様々な公共建築物の

設計を行っている一流建築家のセミナーなども行われます。

(樋口も登壇しますよ)





これからの住まいとは一体、どの様なものなのか?

日本、更に、世界の建築同行などが理解出来ます。




むくむくはうす新商品発表会フェアに参加されて楽しみながら勉強して頂ければと思っておりますので

宜しければ、お越しくださいね。

勿論、 『しあわせ塗り壁』 もひとつの商材として提案しております。


詳細は、こちらからご確認くださいね。


https://www.b-tech-o.com/post_255.html



アートテン技術加工を施した 『しあわせ塗り壁』


環境循環型の住まいづくりで、良質な素材は、欠かせません。
健康な住まいづくりでも、一番重要な要素と言えます。

環境に良い=健康に良いのです。

『しあわせ塗り壁』 もまさに、一級品の素材です。
ミネラルと酵素が、生き続けている化石を主原料としている素材というものは
中々、他にはありません。

http://shiawase-nurikabe.com/

『しあわせ塗り壁』 は、漆喰や珪藻土、更には、本物の木(丸太)

よりも調湿作用が高いのは驚きですが、実は、それ以上に

スゴイ加工を施し、出荷しております。



それが、『アートテンテクノロジー加工』 です。

具体的には、光照射加工を施すのですが、これにより、全ての効果は1.2倍以上に高まります。

(計測済)



『しあわせ塗り壁』 と合わせ、この加工は、弊社のオリジナルですがこれからの時代には、

欠かせない技術加工であることは間違いありません。



アートテン加工は、日本のみならず、世界的な技術であります。

家族のしあわせを守る 『しあわせ塗り壁』 は、非常に価値ある技術加工を施した商品なのです。



アートテン加工にご興味がおありの方は

『アートテン技術普及協会』 のオフィシャルHPをご確認くださいね。

アートテン技術は、農業から製造業まで、全ての産業に活用されている特殊技術です。

この技術を採用することで、より皆さまに 『しあわせ』 になって欲しいと思っております。 





寒い冬、エアコンの空間で加湿器なしでも大丈夫!!


私が暮らす空間、過ごす空間は、全て 『しあわせ塗り壁』 の空間であることは

勿論の事・・・・


冬場の寒い時期、

家の中では、エアコンを使用しております。


加湿器を一切使用することなく、

エアコンだけでも湿度は、40%を超えております。


湿度が、30%を下回ると風邪やインフルエンザ菌が発生します。

しかし、この塗り壁の空間では、風邪やインフルエンザ菌などが

発生出来ない環境を作り出しているのです。



本物の木よりも調湿作用が高いことから

静電気も起きない為、埃も発生しない環境にもなります。


夏場は、黒カビ菌の発生も抑えます。



住まいづくりで湿度環境が大切なことは

ある程度は、理解されていたとしても、実際にエアコンのみの空間で

加湿器も全く使わずに湿度が、40%を超えてキープしている状態

は、本当にスゴイことなのです。