大田区 H様邸 狭小3階建て住宅事例

トップ画像

施工概要

どこの部屋にも光が入る設計で、リビングを3階にしたことで快適な空間になりました。リビング、部屋全体もカラーコーディネート、照明計画などに気を配り、壁面には珪藻土、床材はウォールナットを使用し、落ち着きあるモダンと自然素材の融合したデザインの仕上がりです。
最近テレビで話題のエアー断震を入れた事で、地震の揺れを感じさせず安心して過ごす事が出来る家になりました。地震対策を多くの方が気にされておりますが、皆様の「耐震リフォームで大丈夫?」「リフォームと新築は、どちらが良いの?」などの不安や疑問は、今回の建替え新築工事にその答えが隠されています。
東日本大震災の際にもお施主様はお昼寝をされていましたが、特に動揺されることなく、休息を取り続けられました。

朝日新聞、テレビ朝日、など沢山のメディアが殺到した、驚きのパフォーマンスを生み出した家です。
施工が完了しました。 スタイリッシュな外観と落ち着きのある外壁は、左官材にガラス繊維を配合させた欧州品。優れた耐久性も自慢のひとつです。
エレベーターを設置したことにより3階にリビングを設置可能にしました。落ち着いた間接照明が大人の安らぎを演出します。 シンプルな和室に安らぎと落ち着きを求めました。
壁面には、タイル床は、最高級無垢板のウォールナットリビング建具は、天井高いっぱいの高さ、カラーコーディネートも整え全体のバランスが統一されます。 リビングの間接照明が贅沢さを演出します。
一般的には暗がりな階段ですが、贅沢な光が差し込みます。家の何処にいても、光と風を感じる住まいです。 落ち着き感を追求したエントランスホール。正面のオーダー制作建具がスタイリッシュさを演出しております。
1階には来客の間を設置。広々とゆとりあるスペースには、ミニキッチン、トイレも設置。 来客の間は、どんなお客様もお迎え出来る様に、インターネットからTVなどの設備も充実しています。
夜の演出もこだわりました。自分の家に『帰りたくなる家』を目指し、落ち着きと安らぎを感じる家となりました。 シンプルで使い勝手の良い洗面スペースです。
暖かさを追求し、システムバスに風通しを求め、窓を3か所設置しました。 キッチンは、TOTOの標準仕様品に食洗機付きです。
トイレの内装は、とても贅沢な珪藻土のくし引き仕上げです。

mukumukuhouse.png


  • ビーテック しあわせ設計の家 大田区 新築
  • 新築 ビーテック しあわせ設計の家 大田区
  • 新築 ビーテック しあわせ設計の家 大田区