住宅ローン金利を考える

  • 投稿日:2016年 11月11日
  • テーマ:

みなさん、こんにちは。 『しあわせ設計』 の家  の樋口です。

今日は、住宅金利についてお話させて頂きます。

現在、市場は今までにないマイナス金利となり

家を建てられる方には、かつて無い好条件となりました。

昔から考えるとあり得ない状況となっています。

では、金利が1%違うと、どれ位の返済額の差になると

思われますでしょうか?

ちなみに、30年返済で3,000万円位を借入した場合、総返済額の差は

おおよそ500万円もの差が生じるのです。 スゴイ金額です。

この事に気付かれている方は

動きを早められております。

スゴイ差になりますからね。

では、金利上昇はどうなるのか?

基本的には、マイナス金利施策は、何時までも続くものとは

思われません。そうした施策が解除されると金利上昇が

起きてくると予想されています。

トランプ氏が大統領選にて勝利しました。

対外関係上、金利引き締めなども行われる可能性もあります。

様々なことが考えられますが、

今、進めておくことで 『得』になることは間違い無さそうです。

ちなみに、今、住宅営業マンが自身の家の購入や

建替えに動いている様です。 いつも金利計算をしているからですね。

こうした時期のチャンスを一番理解していますからね。